紫外線が目から入ると日焼けする?サングラスの色や選び方は?

体に色々な影響を及ぼす紫外線!

春夏の日差しが気になる季節は
紫外線対策に気をつけたい時期です。

特に紫外線ケアを忘れがちな部分は「目」。
日焼け止めは塗るけれど目は何もしていない・・・。
そんな場合はちょっと危険かも!

このページでは
・紫外線が目から入ると日焼けする?
・サングラスの効果はあるの?
・サングラスの色はどうする?
この3つの疑問を解決します。

紫外線が目から入ると日焼けする?

今まで目の対策をしていなかった方にとっては
ドキッとするお話かもしれません。

普段の紫外線ケアでは日焼け止めは塗るけど
目までは・・・ということって結構多いんです。

目から紫外線が入ると肌に紫外線が当たらなくても
メラニン色素が作られて日焼けしてしまうという
実験結果が明らかになりました。

目に紫外線が入ると目の角膜に炎症が起こり
その情報が脳に伝わって「メラニンを作れ」という
指令が出てしまうんですね。

脳はこれを防御反応として受け止めているので
間違った指令ではないのですが人間にとっては
勝手に日焼けさせられて困ったもんです~。

ってわけでいくらお肌に完璧なUVケアをしても
目を何とかしないと全然やった意味がないというわけ。

恐ろしい紫外線から目を守るには
どうしたらいいのでしょうか?

紫外線対策 サングラスの色は?

日差しの強い季節は目を守るためサングラスが必須。

で、気になるのがサングラスの色。
さてどうしましょ?

濃い色のレンズなら紫外線カット力があると
思われがちですがそれってホントなのでしょうか?

意外かもしれませんが・・・
UVカット加工されていない色の濃いサングラスはNG

なぜかというと、色が濃いサングラスだと瞳孔が
大きく開くので紫外線がガチで入ってしまうんです!

例えばレンズが透明のものだったとしても
紫外線対策をしてあるものならOK。
しっかり紫外線をカットすることができます。

なので紫外線対策が施してあるサングラスであれば
色を気にすることなく選部ことができます。

これなら日常生活でも違和感なく使える色で
好みのデザイン・形を選び紫外線ケアできますね。

サングラスの選び方 紫外線対策には?

目から紫外線を入れないためにはどんな事に注意して
サングラスを選んだらいいのでしょうか?

■カット率

紫外線対策用のサングラスには
「紫外線カット率99%以上」や「紫外線透過率1%以下」
などと書かれた数字が記載されていると思います。

例えば「紫外線透過率1%以下」とあったら
紫外線を99%以上カットできる
もしくは紫外線を1%以下しか通しませんという意味です。

こういった表示がされているものなら
安心して使えます。

■レンズの大きさ

紫外線はあらゆる方向から入ってきますので
サングラスのレンズの大きさがあまりにも小さいと
紫外線を防ぐことができません。

ファッション性も大事ですが
レンズはある程度の大きさが必要です。

■顔にフィットするもの

せっかく紫外線カットのサングラスを選んでも
顔のサイズに合わずユルユルしていると
隙間から紫外線が入ってきてしまいます。

顔にしっかりフィットしたものを選びましょう。

■調光レンズ・偏光レンズもおすすめ

ちょっとお値段は張りますが調光レンズや
偏光レンズのサングラスもなかなかよいです。

調光レンズは紫外線量に応じてレンズの色が変わります。
室内だと薄く、屋外だと濃くなります。

偏光レンズはぎらぎらした光をカットすることができるもので
特に車の運転をする人にお勧めです。
どちらのレンズを選ぶ場合でも紫外線カット加工が
してあるものを選んでくださいね。

編集後記

サングラスって今まで「黒いレンズ」という
イメージが強かったせいかどうも使う気に
なれませんでしたが、最近は普通のメガネに近いものが
たくさん販売されているので選びやすくなりましたね。

紫外線は毎日のちょっとしたスキを狙って入り込んできます。

ちょっとそこまでのお買いもの。
洗濯物を干すわずかな時間。
窓から入り込む日差し。

意識しないときこそ紫外線をモロに
受けやすいので、サングラスはもちろん
帽子や手袋なども使って防ぐとより安心です。

特に室内は無防備になりやすいので
カーテンをUV対応したものに変えたり
窓ガラスにシートを貼りつけたりして
防ぐのもいいですね。

美容と健康を守るためにも紫外線対策は
1年じゅう気を抜かないのが一番です★

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP